旦那にバレない総量規制対象外のカードローン

主婦でもアルバイトやパートで収入を得ていれば、消費者金融で借りたり、クレジットカードにキャッシング枠をつけたりすることができます。しかし、総量規制がかかるので、年収の3分の1を超える限度額は設定できません。年収が60万円なら、20万円が限度になってしまいます。また、専業主婦の場合には収入がゼロなので、夫の同意書や収入証明書が必要になり、夫に内緒で借りることはできません。

専業主婦が旦那にバレないでカードローンを利用するなら、総量規制の対象外の銀行や信用金庫がおすすめです。総量規制は貸金業法で定められている規則なので、銀行や信用金庫には適用がありません。銀行では銀行法が、信用金庫では信用金庫法がそれぞれ適用されます。

銀行などでは、専業主婦向けのカードローンが用意されていることもあります。公式ホームページに「専業主婦の方は限度額50万円まで可」などと書かれていたら、専業主婦OKということです。

専業主婦の人は、収入がゼロですが、家事や子育てで夫の仕事を支えています。夫の給料の半分は妻の功績であるという考え方も、一般的に認められている考え方です。夫が厚生年金に入っている場合、離婚をしたときに年金分割という制度を利用すれば、妻も厚生年金を受け取ることができます。

しかし、専業主婦がカードローンで借りたお金は、自分で返していかなければならないということには注意が必要です。無理のない金額を借りて、計画的に返済をしていきましょう。